光回線で遠隔地と通信するメリット

地球の裏側にいる人達と、リアルタイムで高品質な通話を楽しむ。まさに光回線ならではの、一昔前では想像だに出来なかったことが、つい先日もニュース欄を賑わせていました。とても心温まるエピソードなので、まずはご紹介致しましょう。

南極と小学校を結んだ光回線

大分県津久見市の小学生たちと、南極・昭和基地に勤務中の隊員の皆さんが、実に6時間の時差を超えて、光回線を駆使したリアルタイムでの通話を楽しむ「南極教室」が、先日開催されました。

光の速さの伝送スピードを最大限に駆使したユニークな試みです。発案者は、同市内在住のかつて南極の設備設営に関わった方で、子供たちの好奇心を鷲掴みにするような素敵なイベントだと言えます。

午後3時にスタートした教室に、起床したばかりの隊員の皆さんの「おはようございます」が響くところから始まり、興味津々な子供たちの質問へのユニークな回答、また前もって学校へと送られていた南極の氷も、その後理科の授業で使われたり、子供たちにとって忘れられない思い出になったことでしょう。

地球の裏側とセッション

このニュース以外にも、やがて世界規模にまで発達するのが楽しみなコンテンツとして、遠隔地同士でもズレのない音楽セッションが楽しめるという音楽通信端末も発売されています。

現在は光電話の技術使用のみなので国内使用に限られますが、やがて地球の反対側の人々とリアルタイムのセッションが出来ることを想像すれば、楽しみはさらに広がります。

災害時の生命線

遠隔地との大容量通信が容易であるというメリットは、業務にも大いに活かす事ができます。例えば重要な社内データベースは、社内サーバーだけに留まらず遠隔地にあるサーバーにバックアップしておけば、万が一災害などで被災して社内サーバーが破壊されてしまっても安心です。

以前のアナログ回線では速度が遅くてとても実用性がありませんでしたが、光回線ならそれが可能です。

このように、光回線のテクノロジーのメリットは、高速インターネットだけではありません。遠隔地の人々とリアルタイムでやり取り出来る、遠隔地との大容量データ通信が可能という他にないメリットは、やがて様々な世界標準を変えていく力があると言えます。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。