光回線でインターネットを堪能する

光回線とは、言わずと知れたインターネット用の回線です。デジタルデータを送受信する目的で開発された為、やはりADSLなど従来のアナログ回線とは一線を画しています。

光回線でのインターネット経験とはどのようなものなのか、いくつか例を挙げてみましょう。

とにかく速い閲覧速度

まず、何よりもページ閲覧速度。これに尽きます。ADSL回線から光回線へと変更した後、まずは今まで毎日のように閲覧していたサイトを開いてみてください。

パパパッと引っ掛かりなく展開されるそのスピードこそが、光回線の醍醐味です。リンクをクリックしても、別サイトが立ち上がるスピードが段違いです。

このレスポンスの違いにより、今までは重たくて避けがちだったサイトへのアクセスもストレスフリーになり、ネットサーフィンを快適に楽しめます。

検索してから出てくるスピードが違うと、インターネットとはこうも違うものなのか、という感想を抱かれること必至です。

動画やゲームもサクサク見れる

また、現在は老若男女に至るまで浸透した感のあるストリーミング動画再生ですが、データ通信量が格段に違うので、最初の読み込みや途中の停止なども少なく、今まで諦めていたライブ中継などもサクサクと閲覧出来ます。

レスポンスが生命線であるオンラインゲームも安心して楽しめます。

仕事の効率も上がる

さらにお仕事においては、インターネットの反応の鈍さ=業務の非効率に直結します。ほんの数秒の待機時間は、回数と人数で積算するとかなりのものになり、そこをクリア出来る光回線は、まさに新しい仕事を生み出す原動力となり得るのです。

取引先との社内環境の違いは、取引上の手間やすれ違いを生む可能性もあり、ここも押さえておきたいところです。

特に一昔前の、とはいってもほんの20年程前ですが、あのダイヤルアップ回線からインターネットをスタートした世代からすれば、現在の光回線はあの頃の憧れを具現化したものといって良いでしょう。

単に速度を楽しむだけではなく、そこから無限のアイデアや可能性が生まれる。それが光回線の素晴らしさと言えるでしょう。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。