戸建てプランとマンションプランの違い

従来の電話回線を使用せず、独自の光ファイバー回線を使用する、光回線。ここで「一戸建ての住宅用に独自の回線を引くのか、集合住宅やビルで共同の回線を利用するのか」という違いが出てきます。

さてそれでは、この両者の違いとはいったいどのような点でしょうか。

速さを独占出来るのは戸建てプラン

まず、一戸建てに回線を引く、いわゆる戸建てプラン。このプランのメリットとして、何と言っても回線を独占出来るが故の、ずば抜けた通信速度と安定性が挙げられます。

他人との回線共有が無いので、環境さえ問題なければ、回線業者が掲げる最大通信速度を安定して享受することが出来ます。

また、設置したい場所のエリアが光回線対応であれば、回線業者やプロバイダーも自由に選択出来るのもメリットです。つまり、価格やサービスに対する選択肢が広いということ。

各社共、パフォーマンス・料金・サービス内容にバリエーションを持たせて競合していますので、自分に合ったプランを自在にカスタマイズすることが出来るのです。

逆に戸建てタイプのデメリットと言えば、初期工事費用が多く掛かること。こればかりは、新規の工事が必要なため、どうしても掛かる必要経費です。

安く済ませるならマンションプラン

さて、戸建てプランに対して、集合住宅にて光回線を利用する、マンションプランがあります。これは集合住宅やビルにまず光回線が導入されていることが前提です。

近年、光回線が使えるか否か、は集合住宅やビルテナントのセールスポイントのひとつになっており、もし不明な場合は不動産屋さんか大家さんに尋ねれば良いでしょう。

仕組みとして、ひとつの回線を共有するという特性がある為、戸建てプランよりも割安な料金が相場です。また光回線導入済みの場合は初期工事費用不要、比較的簡単な手続きと、短期間で光回線を導入出来るというメリットがあります。

ただ、やはり回線を共有するということは、同一回線を使用している誰かが仮に、大容量のデータ通信を同じ時間に行ってしまうと、それ以外の利用者の速度やパフォーマンスが低下してしまうというデメリットがあります。

元々が非常に速い光回線なのでさほど体感しないかもしれませんが、タイミングと時間帯によっては、少し接続が重いと感じることがあるかもしれません。

速度にこだわるならやはり戸建てプラン

こういったデメリットから、既に導入済みの共有回線を使用せずに、独自の回線を大家さんの許可を得て導入するという「集合住宅での戸建てプラン導入」を行われる方も多数です。

現在の環境に囚われず、ご自身の希望するインターネット利用用途に応じて、プランを熟考してみるのもいいかもしれません。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。