光回線を会社に導入する

会社内のネットワーク関連のインフラ整備は、いつの時代も悩みの種として、特に若い社員さんから挙がるものです。

なぜなら、現状のインフラ整備は先輩社員の方々が、場合によっては創業者が、設置当時の仕事内容の必要性に応じて整備したものであり、長年そのインフラに慣れ親しんでいる先輩方は、なかなかそこに潜んでいる不便さには気付かないものだからです。

多少不便だが、使えるうちはこのまま現状維持、というのが会社側のスタンスだと嘆いておられる方も多いのではないでしょうか。ここでは、光回線の導入が普段の仕事にどんな影響を及ぼすのか、いくつか具体例を挙げてみたいと思います。

レスポンスが勝負

まず、言わずもがなですが、会社は自社だけで利益を産めるものではありません。特に取引先との関係は死活問題で、こちらが日常的に不便なくお付き合いをしているつもりでも、先方からすると不満要因があるかもしれません。

特にインターネットを使用した情報のやり取りやメールなどに、そのギャップははっきりと現れてきます。

例えば、メールのやり取りひとつ取っても、大至急必要なデータなどは1秒を争う場合があります。光回線を使用していれば、大容量のデータ送信も速く、レスポンスの速さという取引上の強みを持つことが出来ます。

取引先の要求に応える

また、最近はわざわざ紙ベースで資料を印刷して日参したり、ノートパソコン片手にパワーポイント資料の営業をするよりも、先方がクラウドサーバー上での情報共有やプレゼンテーションを求めてくる場合があります。

この場合、アップロードに時間のかかるアナログ回線では、レスポンスが遅いと言われても仕方ありません。また、打ち合わせをスカイプなどを駆使したWEBにて要求される可能性もありますが、アナログ回線では通信が重く、思うような商談が出来ない可能性も多々考えられます。

社内の効率アップ

さらに社内ネットワークにおいても、光回線のスピードを活かせば、今までの通信の遅さ・重さから来ていた待ち時間を逐一改善させることが出来るので、かなりの効率アップを図ることが出来ます。

高速ネット社会の昨今、光回線導入は、業績アップには欠かせない要素だと言えるでしょう。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。