光回線の引っ越しはどうする?

光回線の契約を結ぶにあたって、必ず最初に確認しておかなければならないのが、途中解約に対する契約内容です。特に単身赴任の方や、転勤が日常的なお仕事の方、また近いうちに転勤や引っ越しが予定されている方は、ここは要注意です。

最低利用期間に注意

どんな回線業者でも、やはり長期契約を結べば、それだけ初期費用や月額料金が安くなります。ただしその料金は長期契約に対するサービスであり、当然途中で解約してしまうと、違約金に近い扱いの所定金額を支払わなければならないケースがほとんどです。

ほとんどの業者が最低利用期間というものを設けており、ご自身の引っ越し予定がそこに該当しないかどうかは、契約前にチェックする必要があります。

移転手続きを調べておく

とはいえ、業者にしてみれば、折角の契約を廃止されてしまうよりも、引っ越し先においても継続して契約してもらった方が良いので、同じ業者のサービスを引っ越し先でも継続して利用する場合は、追加費用はほぼかからないのが常識です。

さらに、引っ越しとなると当然新居でもネット回線の配線や設定などが必要になりますが、こういった設置サービスをオプションで行っている業者も多いです。ご自身で行うのはネット上での引っ越し手続きのみにしておけば、新居での設定に悪戦苦闘することもありません。

速度も考慮に入れておく

ただ、もし引っ越し先において同業者のサービスが簡易化されていたり、戸建てプランからマンションプランへの移行によって前居よりもパフォーマンスが落ちるような環境になりそうな場合は、あくまでも新居の対応環境を下調べした上で、解約したほうが良いケースもあります。

地元ならではのサービス内容を持っているローカル業者のことも視野に入れたほうが良いでしょう。

ただ、当然現在契約している業者は解約を快く思わないので、色々なオプションやメリットを提示してきますが、ここは妥協せずにプランを立てましょう。今や光回線も選択肢が増え、さらにベストな最新プランが存在するかもしれません。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。