光電話のメリットとは?

光回線は、インターネットだけではなく様々なデータを安定して伝送出来るメリットを持っています。そのうちのひとつとして、光電話が挙げられます。ここでは、メリットもデメリットも合わせて、光電話についてご説明致しましょう。

安くて高品質

光電話とは、光回線を利用したIP電話のひとつです。元々IP電話というもの自体がブロードバンド回線を利用するものを指します。

IP電話と言えば、物理的には従来の電話回線を使用するものが多いですが、光電話はその名の通り光ファイバーケーブルを使用して音声データを伝送します。ここが通常のIP電話との大きな違いです。

光電話のメリットとして、まずは通話品質がとても良いことが挙げられます。次に、料金の安さ。従来の電話回線の半分以下の安い月額使用料に加え、電話する相手が遠方であったりした場合でも、通話料が一律の為、毎月のコストを大幅に削減出来ます。

電話番号そのまま乗り換え

また、IP電話は050から始まる割り当てられた電話番号しか使用できませんが、光電話は今まで使用していた電話番号をそのまま使用出来ます。

これはとても大きなメリットです。条件や地域によりますが、引っ越しても同じ番号を使い続けることも出来ます。勿論使用する電話機自体も、特別なものは要らず通常の電話機を使えます。

加えて、IP電話からは110番や119番などの3ケタの緊急番号及びフリーダイヤルには発信出来ませんが、光電話ならば今までどおり可能です。もしもの時に安心なポイントです。

停電には要注意

デメリットとしては、IP電話と共通で電力供給が必須な為、停電時に使えなくなってしまう点が挙げられます。台風などの災害時、停電が起きやすい地域では、導入には一考が必要です。この点だけが、光電話の今後の大きな課題であると言えるでしょう。

ただ、ご近所に発電所や空港、国営銀行など、簡単に停電しないようなインフラ整備がなされているエリアでは、比較的安心して導入することが出来ると考えられます。導入の際には是非、参考になさってみてください。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。