光回線のデメリット

もはやインターネット回線なら、高速データ通信=ブロードバンド回線が常識になりつつある現在。

ここ日本においては、インターネット使用者数のうち、実に80%近くがブロードバンド回線を利用しており、そのうち光回線の利用割合が50%を超える域にまで達しています。

確実に、光回線がインターネットのスタンダードとなりつつある現代。ただそれでも、残り半数の方が未だにアナログ回線を利用しているという事実には、いくつかの意外な要素が隠されているのです。

商品としての光回線

まず、光回線というものが、いまだに特殊で最新で、都市部の住民だけが享受出来るような恵まれた特別なインフラである、というようなイメージ作りが跋扈しているということが挙げられます。

実際には光回線サービス提供開始から12年が経過しつつあるのに、さも「高価な料金を支払わないと、工事も出来ないし導入も出来ない最新のインターネット」とでもいわんばかりのスペシャル感が演出され、その高級なイメージと現在のリーズナブルな基本料金のギャップを駆使して、商品として扱われているというように感じられます。

うまい話には要注意

勿論、光回線はライフラインではなく一種のオプションサービスなので、各業者にとっては魅力的な商品には違いありません。

ただ、一度契約を取ってしまえばこっちのもの、という考えが根底にあるのか、導入を考えているユーザーの現況を全く考慮せずに、いたずらに「速い、最新、いまや常識」などというセールストークを駆使して、不必要な割高な契約を結ばせる業者も少なくありません。

光回線とはいえ、万能なインターネット回線ではありません。場合によっては、従来のアナログ回線のほうが負担も少なく、パフォーマンスにも差異がない場合も多々ありますし、逆にインターネット速度が遅くなるといった逆転現象も大いにあり得ます。

ここでは、光回線ならではのデメリットもふまえて、導入に関してのいくつかの問題点を考えてみましょう。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。