光回線とADSL回線の違いとは?

さて、光回線とは、従来の回線と比較して、いったい何が違うのでしょうか。ここでは、一般的なADSL回線との違いを例にとってご説明致しましょう。

ADSL回線とは

まず、ADSL回線とは、アナログ回線、つまり従来の電話回線を使用してデータの伝送を行う仕組みになっています。つまり、電話線さえ引かれていれば、回線工事は基本的に不要です。

しかし、電話線とは文字通り、音声の伝送を目的として作られた回線です。構造も銅線で出来ており、本来の目的は電話の信号を伝送するもの。デジタルデータ、つまりインターネット回線を伝送するという目的は二次的です。

ここで、最寄りの回線基地局との距離によって伝送される品質が変化するという問題が出てきます。銅線には抵抗があるため、やはり通信する距離が長ければ長いほど、その品質は低下しがちです。

一昔前の長距離電話や、海外との通話をイメージして頂ければわかりやすいかと思います。そこに複雑なデジタルデータを乗せるとなると、さらに距離の問題は切実になってきます。

加えて、銅線なので物理的な影響、例えば強風など空気によるノイズなども影響してきます。

光回線とは

これに対して、光回線というのは光ファイバーというガラス繊維で出来た「電話線とはまったく別の」回線を指します。本来の目的がインターネット回線の伝送なので、その仕組みと特徴、および性能はADSL回線とはまったく違います。

まず、光の屈折を利用する仕組みなので、理論的に信号品質の劣化が少なく、何よりもその名の通り、光のスピードでデータの伝送が出来るため、長距離などの問題に影響を受けません。

物理的な問題には影響されないという点が、光回線の最も大きなメリットと言えるでしょう。

また、上りと下りの回線速度の違いも挙げられます。上りとは、インターネット送信、メールを送信したり写真をアップロードしたりといったものを指します。

下りとは、インターネット受信、つまりインターネットを見たり、メール受信したりファイルをダウンロードしたりといった作業を想定してください。

ADSL回線の場合は、仕組み的にどうしても、下りの速度を優先させているため、上りの速度が遅くなりがちです。これに対して光回線は、上り下りの速度がどちらも同じ。しかも高速かつ安定しているので、結果的に効率良くインターネットを活用出来るのです。

光回線おすすめ契約サイト比較
オプション加入なしのフレッツ光代理店を比較しています。